HOME


熱海 姫の沢公園 2013.1.31

コース&タイム;
熱海駅10:18=伊豆箱根バス(元箱根行き)=10:50姫の沢公園バス停
公園ゲート10:50〜11:50十国峠展望地770m 12:05〜東光寺〜岩戸山734m 12:30〜13:20姫の沢公園バス停
姫の沢公園バス停13:35=バス=14:05熱海駅

姫の沢公園は熱海の北側、箱根山の斜面を利用した、熱海市振興公社が管理する面積 108haもの広大で、サクラ・ツツジ・アジサイ、シャクナゲの温室や野鳥の森など自然豊かな公園である。
この公園の特色として、30を超えるポイントが点在する約3kmの本格アスレチックコースが高低差のある園内を周回し、 子供向けの簡単な遊具からなるアスレチックコースと異なり、家族連れや若者グループまで遊べる施設となっているが、孫と遊びに来た中高年には体力的に厳しい。
駐車場が完備され入園無料でありながら広いので、混み合うことはないようだ。
公園上部は展望の素晴らしい十国峠と接していて、標高770mの広いカヤトの山頂からは富士山・駿河湾・伊豆半島・相模湾を一望する。
公園と峠を繋いで歩く道はハイキングコースとしても充実し、熱海市街地の眺めが良い岩戸山734mから伊豆山方面や、山頂から別ルートで湯河原方面へ足を延ばすことも可能で、道標が整備されている。
バスとケーブルカーを乗り継いで峠山頂へ出てしまえば、あとは楽な下りコースとして設定できるのだが、元箱根行きバスの本数は少ない。
今回は公園ゲートから十国峠へ登り、尾根伝いに岩戸山へ立ち寄り、再び姫の沢公園まで戻って出発点へ降りた。本数の少ないバスに合わせるために急ぎ足で回ったが、高低差350m・歩行距離およそ7kmの結構な運動となった。
なお公園内の案内図は熱海市振興公社のホームページより入手した。


フィールドアスレチックコース

山頂広場から富士山と右にケーブルカー山頂駅

山頂から東側と相模湾、直下は日金山霊園


2013.02.02

no.10 鋸山&ばんや食堂へ , no.9 姫の沢公園 , no.8 曽我丘陵へ