2、大船駅〜六国見山〜今泉台住宅地〜散在ケ池〜今泉不動〜皆城山〜天神橋〜本郷台駅


前項、1コースの内側を周回するので、前項コースに比べると大分楽である。全行程、12Km。
このコースは今泉不動〜皆城山間が一般的でないので標識も不十分であり、注意が必要だが、そこさえクリアすればあとは問題なく、自然・歴史・展望ともに手軽に楽しめるコースである。

  
散在ケ池                    皆城山
大 船 駅
○大船駅〜常楽寺〜六国見山〜今泉台住宅地までは前項1を参照。

○六国見山から今泉台へ下山した地点は住宅地の最高点にあたり、目指す散在ケ池入り口は大分下った位置になる。鎌倉方向の稜線を眺めると緑の大きな配水タンクが目に付くので、その方向にバス通りに出て進み、半僧坊下バス停を目印とする。
近くを通る高圧線下が遊歩道になっているので案内標識に従い遊歩道を進み、住宅地際に散在ケ池森林公園入り口がある。

○池の周囲は、広さ28ヘクタールの森林公園として整備されていて、馬の背コース、のんびりコースと名付けられた散策コースがあり、傾斜が緩い池の右岸、のんびりコースを下る。
下りきった管理棟の下にトイレがある。ここには自販機の飲み物があるが、売店はない。

○管理棟の僅か先がベンチ・テーブルが置かれた休憩場所となっている。
木立に囲まれ池の眺望も良い場所。鳥も多い。リスも遊んでいる。心が和む。
ここから車道を進めば正門ゲートまで僅か。一旦堰堤下へ降りて、流れ沿いに散策しながらゲートを目指してもわけない距離。
今泉不動へは、バス道路を下り突き当たりT字路を右折し、ゴミ処理施設の少し先を登る。

○今泉不動;弘法大師(空海)の開山、寺名は称名寺、空海作の不動明王像が祀られていることからこの名がある。境内は清掃が行き届き、落ち着いた清清しい雰囲気が漂う。高い拝観料を取りながら、雑多な雰囲気の観光コースの寺社とは大分趣が異なる。
小規模とはいえ二条の滝が落ち、また古いものから新しいものまで様々な石仏が安置されているのも興味深い。

○先ほどのバス道T字路まで戻り、T字路を直進したごく僅か先の右側を注意深く探ると、畑へ上る畦道が見つかる。この畦道がルートである。急な登りを行くとすぐに明瞭な山道となる。深い林の中、傾斜が緩むころに道は分岐するので、踏み後の薄い右方向へ行く。
ここを間違えるとすぐに里に出てしまう。山間の畑を抜け、やがて鎌倉カントリーのコース脇を進み、プレーヤーが四苦八苦している様が間近に見える。その先分岐は小さな標識に従い左折する。

○皆城山は潅木にかこまれているが、小さな展望台があり、その上からは本郷台〜港南台〜上郷方面の見晴らしが良い。栄区の住宅街中心部が一望できる。
尚、山頂端部は数拾メートルに及ぶ断崖絶壁なので、むやみに端へ行かないこと。

○下山は標識に従い炭焼き広場、あるいは荒井沢市民の森へ下るが、炭焼き広場のほうが近い。炭焼き広場からは山頂直下の断崖絶壁が、市民の森では谷戸の景色が眺められる。
造成中の公園墓地を抜け、小さな流れ、洗井沢に沿って車道を天神橋へと歩く。
天神橋から本郷台駅までは、いたち川城山橋を右折し、僅かである。
 45分 45分
六 国 見 山
 25分1時間10分
森林公園入り口
 15分1時間25分
散在ケ池休憩地
 15分1時間40分
今 泉 不 動
 35分2時間15分
皆 城 山
 35分2時間50分
天 神 橋
 10分3時間00分
本 郷 台 駅
HOME