3、逗子駅〜久木大池〜十二所果樹園展望台〜熊野神社〜朝比奈切通し〜天園〜北鎌倉駅


逗子池子の森から朝比奈切通しを通り、人跡未踏のような秘境の趣、吉沢川を遡り、お馴染みの天園に出る。その先はバスを利用せずに済む、北鎌倉駅へ下るポピュラーなハイキングコースを取った。
こんな場所がまだ残されていたのか! と感嘆するコースです。全行程 12Km。但し、標識類は望めない。

   
十二所果樹園展望地                 朝比奈切通し
逗 子 駅 西 口
○横須賀線逗子駅は西口(裏口)へ降りる。横須賀方向へ少し進むと、東口への連絡踏切があるので、その手前の狭い車道を左折する。曲がりくねった道を行き、隧道を抜け、清和学院、小学校、久木神社、中学校と順に通過し、やがて谷底を進む気配になると、久木大池公園が間近となる。何回か道を折れ曲がるのでわかりにくいが、ハイランド住宅地と池子の森に挟まれた鞍部の奥を目指せばよい。

○久木大池は樹木に覆われた静かな溜池。ベンチも置かれ、休憩に良い場所。
ベンチから池を右廻りに僅か進み林の中を探ると、稜線に上がる階段状の荒れた山道が見つかる。急登だが、すぐに尾根にたどり着く。尾根の向こう側は米軍池子住宅の敷地、その境界はフェンスがしっかりと敷設され、ハイキングコースから遮断されている。フェンス沿いに時計回りに進む。

○フェンスは途中からコンクリート塀に変わる。朽ちかけているが頑強な塀である。この内側は旧海軍工廠の弾薬庫であったと思われる。
深い森を抜けると、栗林、梅林の開けた果樹園に出、その先に展望地がある。
標高は149mで低いが、素晴らしい展望が開ける。地球が丸く見える。

○熊野神社へは塀から離れ、引き続き山道を行く。何箇所かで分岐するので迷いやすい。概ね左方向に進むが、地図で確認したい。熊野神社は、頼朝が切通し工事の無事完成を祈願して建立したと伝えられている。社が鬱蒼とした林の中に静かに佇んでいた。
神社から鳥居を下り、僅かで朝比奈切通しである。私は何度か訪れているが、この辺りは常に静寂が覆う。十二所(ジュウニソ)側へ切通しを下るが、ここは足元が悪い。

○金沢街道に出たら、一応十二所神社を参拝し、峰本という立派な料理屋の駐車場脇を流れる吉沢川に沿った狭い車道を進む。道は一旦流れから離れ、途中に天園・瑞泉寺を示す小さな案内標識がある山道が分岐するが、かまわずに直進し、やがて道が終わり、それでも流れに沿った踏み跡をたどると、作業場のような小屋があり、その裏手が遡行ルートの入り口である。迷わずに流れを遡ればよい。バリエーションルートで原始林の中をを行く趣であるが、踏み跡はつけられている。丸木橋を渡り急坂を登りきると、貝吹地蔵手前で人通りの多いハイキング本コースと合流する。逆に吉沢川を下る場合は、この入り口を見極めるのは困難であろう。

○メインコースとの合流点を天園へは右に行く。天園から先はお馴染みコース、勝上嶽と呼ばれる半僧坊への分岐点は右に行く。有料の建長寺へ引かれ安いので注意する。
山を降り、明月院門前を通過し、北鎌倉駅へ坦々と歩く。
 35分 35分
久木大池公園
 35分1時間10分
十二所果樹園展望台
 20分1時間30分
熊 野 神 社
 5分1時間35分
朝比奈切通し
 15分1時間50分
十二所神社
 40分2時間30分
天  園
 70分3時間40分
北 鎌 倉 駅
HOME