HOME

東京スカイツリー  2013年6月27日



この日は親戚がお花の個展を銀座で開催中で立ち寄ることにしておりましたが、せっかくの機会その前にスカイツリーを見学することにしました。
新橋から都営浅草線で押上へ、地下鉄から姿は見えません。あたりまえですね。
スカイツリーの人気にあやかり併設されたショッピングセンター「ソラマチ」は駅と直結し、その中をエスカレーターで上がり4Fのチケット売り場へ向かいます。当日券は2000円です。
「ソラマチ」屋上広場へ出てもまだ見えません、そして突然 ドーン!!
ド迫力です。でも敷地が狭いのでペンシルタワーですね。


その日は天気予報が芳しくないためか比較的入り易く、チケット購入に15分、ゲートを抜けてエレベーターに乗るのに15分の行列で済みました。 開業して1年と少し、最近平日の行列時間目安は1時間くらいらしいです。 30人乗りエレベーター(設計定員は40人)が4基あって、所要時間は50秒です。エレベーターの動きは察知できません、耳の気圧感覚と標高デジタルモニターで移動のスピードが分かります。
ここでは一旦チケット購入の列に並ぶと、後はゲート〜エレベーター〜展望台の順に人の流れに身をまかせ、途中で抜けることはできません。グループの代表者が一人だけ並んで全員分のチケットを購入するというわけにもいきません。
写真はゲート入場後のエレベーター待ちの行列です。帰りの客は1F上のフロアで全員降りるので入れ替えの混乱はありません。


350mの展望フロア、一歩踏み入ると歓声があがります。その日は晴れ間も覗く薄曇り、予報のに反し視界は悪くないです。丹沢・高尾の山々は薄らと。筑波山はハッキリと。富士山はダメでした。 展望フロアはごったがえしていましたが大混雑というほどでもなく、視界を楽しみながらゆっくり一周できました。 450m展望台はここからさらに1000円払って一基のエレベーターでピストンします。少し行列ができておりました。
写真は奥に新宿高層ビル群、少し手前右に光る東京ドーム、中ほど左側にはお茶の水の大学群が見えております。それにしても、ビル、ビル、ビル、ビル、ビル


目を足元に転じます。隅田川の対岸は浅草。水上バス乗り場も一部見えております。隅田川を跨いで右側を東武電車が走ります。
東武鉄道はスカイツリーが大当たりでよかったですね。
左手前には金色のアサヒビール本社。その右の大きなビルは墨田区役所。官公庁の建物はどこも立派です。
望遠で撮りました。東京湾お台場方面もよく見えてまして、話題の新歌舞伎座のビルも確認できました。


40分ほどかけてゆっくり一周しました。
帰りは混乱を避けるために一段下のフロアからエレベーターに乗ります。トイレ、休憩施設、フルコース専門の展望レストランがあります。少々お高いようですね。
そして高層タワーにつきものの真下が覗けるガラスの床が。私は上には乗りませんでしたね。
写真は350m展望フロアの様子です。此処はエレベーターの降り口付近で一番混雑している場所です。
営業時間;8:00〜22:00、強風時は休館することもあります
事業主;東武鉄道、設計;日建設計、施工;大林組、エレベーター;東芝.日立、構造材;JFEスチール.新日鉄住金、その他ひとくくりでは申し訳ないほど多数の企業の技術力が結集されております。


2013.07.08 記

no.8 熊野三山&熊野古道へ , no.7 東京スカイツリー , no.6 出羽三山へ