HOME


隅田川水上バス(浜離宮〜浅草) 2014/12月1日


この日から12月、商売やお勤めの皆様にはせわしない月であります。当方はあまり関係ない身分ですがそこは長年の習慣、何となく気ぜわしくなりますね。
明日からは冬将軍到来というという予報でして、頂いた水上バス無料乗車券の使用期限が迫ったこともあり、生憎の雨模様でしたが出かけることに。
浜離宮散策〜隅田川ミニクルーズ〜浅草食通街のひもの屋で昼食〜浅草見物、というコースです。




浜離宮は江戸徳川家の庭園として築造され、明治維新後は皇室の施設となり、戦後は東京都が管理する、【浜離宮恩賜庭園】が正式名称である。新橋駅から歩いて15分ほどで正門の「大手門」に到着。 私としては初めての訪問である。
庭園は運河に囲まれ広さは25ha、都心部の公園としては広大で、珍しい汐入の池がある。樹木の手入れがいき届いた大変美しい公園で、ちょうど紅葉真っ盛りだった。
梢の上には新橋・汐留高層ビル群が聳え立ち、これが不釣り合いのようで存外絵になっている。
水上バス乗り場は園内にあって、出航時間までの50分ほど池を囲むように庭園を一周した。

TOUKYOU CRUISEの水上バスは、隅田川コースのほかにお台場海浜公園コースなどがある。私は隅田川コースは何度か乗っていて、外人客やツアー客などで人気が高いが、どうした訳かこの日は貸し切り状態でした。 川面から眺める都会の景色は面白いもので、隅田川に架かる数多くの橋を潜って行くのも楽しい。
船内のガイド放送は日本語・英語・中国語・韓国語で次々に流され忙しい。浜離宮を出航後、すぐに日の出桟橋に立ち寄って、60分ほどのミニクルーズ。
11:30 浅草到着。折り返す本船への乗客が列をなし、今までの貸切状態がウソのよう。
腹が減ったのであらかじめ調べておいた食事場所【ひもの屋】へ直行した。

ひもの屋はその名の通り〜ホッケ・アジ・キンメ・カサゴなど様々な干物、豊富な酒のつまみ、各種定食(ランチタイムで700〜1200円程度)、なかなかユニークで懐かしい食堂であります。 近辺のサラリーマンらしき常連客が定食を注文しておりました。食通街の国際通り側にあります。
その食通街は浅草中心街の仲見世通りから離れているので、ここまで足を延ばす観光客は少ないようだが、御食事処・飲食店が大小軒を並べる、むしろ浅草を代表する場所と云いたい雰囲気がありますね。鮨屋が多いです。
さて我々は品数多いメニューから、サシミ三点盛り・フグの干物・ブリカマ焼き・ヤキトリ5本・ギュウスジ煮込み・お通しに野菜。生ビール2杯・梅酒1杯・日本酒2合、以上をカウンター席でいただき、二人で6000円チョイでした。 お酒はお銚子の受け皿へギリギリまでこぼし、溢れる直前にピタリと止めます。こうなると職人技ですね、おかげでたっぷり一合でした。
食後伝法院通りなどを有名人の手形など見ながら散策し、浅草寺にお参りし、地下鉄銀座線で戻りました。











2014/12月7日掲載

no.11 姫路城&大坂へ , no/10 隅田川水上バス , no.9 三保の松原サイクリングへ